相続・贈与についてもっと

知りたい方は … ↓

株式会社テラダ会計センター
沼崎健一税理士事務所は
TKC全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

法人のお客様

現顧問税理士について次のようなご不満はありませんか?

毎月訪問してくれない。
試算表が遅れがちで自社の業績が把握しにくい。
経営や資金繰りに関してアドバイスがもらえない。

テラダ会計では、①毎月訪問 ②経営分析・経営計画 ③資金繰りのアドバイスの三点を重点項目として、事業経営を全面的にサポートさせて頂きます。



毎月訪問          毎月訪問には理由があります

 税理士と顧問先との関与の仕方には、大きく分けて2通りあります。
 一つ目は毎月訪問、二つ目は一年に一回資料を預かり、税金だけを計算するやり方です。
 当事務所では、次のようなメリットのある毎月訪問を基本としています

①経営者とのコミュニケーション

 これが一番重要です。毎月訪問することで、経営者の意向や会社の業績を把握し、次の一手をアドバイスできます。
 一年に数回の訪問であれば、資金繰り対策や節税対策を効果的に行うことができません。


②リアルタイムの業績把握

 経営において重要なことは、現状を把握することです。リアルタイムの業績把握をすることで、効果的な一手が打てます。


③節税対策

 現在の利益を知ることが節税の基本と言えます。毎月訪問を通し利益を把握することで、適切なアドバイス、適切な節税対策が可能となります。


④リアルタイムの情報提供

 毎年、税制だけでなく様々な法改正があります。そのような法改正は、会社経営にとって様々な影響を及ぼします。知らなかったでは済まされないようなことが多数あります。
 また、融資情報・助成金の情報など企業にとって有利な情報もあります。毎月訪問させて頂く顧問先様には、付加価値の高い情報提供をさせていただきます。




経営分析・経営計画         経営分析と経営計画って何?

①経営分析 ~会社業績の過去を考える~

 会社業績の過去は決算書という形で現れます。言わば社長の通信簿です。これまでの営業活動や、仕入先との交渉、銀行との交渉、社員教育などの結果が現れます。
 その決算書はどうなのでしょうか?良いのでしょうか?良くないのでしょうか?
 自社の決算書を客観的に判断するためには、過去数年の実績との比較、同業他社との比較等が有効です。
 テラダ会計では、自社の現状を正確に把握するためのツールをご用意し、社長の経営分析をサポートします。

②経営計画 ~会社の未来を考える~

 《何のために会社を経営しているのか》《どのような会社にしたいのか》などを経営理念として表し、それに基づき経営計画を策定します。社長の夢(想い)を経営計画として形にするということです。もし経営計画がなければ、会社の将来をあいまいな形でしか認識できず、結局その場しのぎの経営となってしまいます。より質の高い考えを持った計画は会社をあるべき姿に導きます。
 テラダ会計では、経営計画の策定が初めてという経営者の方にもスムーズに行っていただけるツールをご用意しております。



資金繰りのアドバイス         資金繰りは企業の血液循環です!

 資金繰りを円滑にするためには①資金の流れを把握する ②資金に困らない体質をつくる ③銀行対策をする   が重要です。

①資金の流れを把握する

 最も重要なことは、資金の流れを把握ことです。利益がでているのにお金が足りないということをよく耳にしますが、お金の流れを押さえていないためです。そこでテラダ会計では資金繰り表作成の支援をし、経営者自らが資金の流れを掴むことができるようサポートさせていただきます。

②資金に困らない体質をつくる

 資金に困らないためには、企業自身の力で生み出したお金を内部に留めていける仕組みを作り、借入金に依存しない企業力を育てなければなりません。そのためには黒字決算を続ける必要があります。
さらに調達した資金をどのように運用していくかが重要です。売掛金を確実に回収をするにはどうするのか?不要な在庫をどうするのか?有効な設備投資とは?などです。
 私たちの確かな目で黒字支援と有効な運用方法をアドバイスさせていただきます。

③銀行対策をする

 資金の調達に関しては、中小企業の場合、金融機関からの借入がほとんどを占めます。ですから、金融機関がどのように企業や経営者を判断するのかを知ったうえで、必要な資金を調達できる企業になることが重要でしょう。そのためには、金融機関が重視する決算書の信憑性を高めることが最も大切です。テラダ会計は、銀行が求める正確な決算書、経営計画書、資金繰り計画表などを作成することを支援させていただきます。




お問い合わせ ~ 顧問契約までの流れ

STEP 1  お問い合わせ

お電話又はメールでお気軽にお問い合わせ下さい。

STEP 2  面談

ご希望の日時に貴社又は当事務所にて面談し、貴社の概要をお伺いしたうえで、お見積りをさせていただきます。
見積りは無料です

STEP 3  関与決定

ご検討いただき、お返事を下さい。
関与決定のご連絡をいただきましたら、正式な契約へと進みます。
今後の記帳の仕方、ご訪問スケジュールなどをご相談します。

STEP 4  ご契約

正式にご契約をさせていただきます。



まずはお気軽にお問い合わせ下さい!!