相続・贈与についてもっと

知りたい方は … ↓

株式会社テラダ会計センター
沼崎健一税理士事務所は
TKC全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

よくある質問



Q:どんな仕事をしてくれますか?

A:記帳指導、会計帳簿の作成、税金の申告、経理や税金のアドバイス、経営計画作成支援、節税の相談、銀行融資のアドバイス等です。

 お客様にとって、最も信頼できるパートナーであることを目指し、日々努力しております。どんなことでもご相談下さい。


Q:経理については全く未経験なのですが・・・

A:ご安心下さい。「経理のことはよく分からない」とおっしゃる経営者様の方が圧倒的に多いです。

 テラダ会計では、経理が不得手だとおっしゃる経営者様に、少しずつ、着実にご理解いただき、経営に活かすことができるよう根気強くサポートしていきます。


Q:税務顧問契約を結ぶメリットは何ですか?

A:顧問契約を結ぶことにより、定期的なご訪問やご連絡を通して継続してコミュニケーションをとることが可能になり、節税や融資等のお金に関することのみならず、日常業務のちょっとしたこと、今後の経営に関わるお悩みなどまで、様々なご相談をしていただくことができます。

 また、財務の専門家として、お客様ご自身がお気付きにならないことまで、ご提案やアドバイスもさせていただくことも可能になります。


Q:顧問料はどうやって決まるのでしょうか?

:テラダ会計では業種や規模(売上高・所得・取引量・記帳方法・従業員数・資本金など)を基準に顧問料を決定しています。

 また「設立して間もないので、税理士報酬はなるべく安くおさえたい」など、お客様によって個々の事情がある場合も多々あります。

 ご希望されるサービス内容や、現在の記帳状況等を確認のうえ、無料で顧問料の見積りを致します。ご納得いただいた上でご契約・サービス開始となりますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。


Q:月次顧問契約以外の契約はないのですか?

:テラダ会計では毎月訪問の形態を基本としていますが、取引量などによっては、2~3ヶ月に1回の訪問や、年1回の決算申告のみのご契約もお受けしています。またその場合も無料で税務等のご相談もして頂けます。

 しかし、毎月の関与であれば、売上・利益の推移や資金繰りに対する見通し、対策の相談もできますので、お客様にとって満足度の高い、きめ細かなサービスをご提供できます。


Q:会社を設立したいのですが、どうしたら良いですか?

A:まず経営計画を立て、収益の見込みや初期投資回収までの期間などを十分に検討することが必要です。計画ができれば、次は法務局での設立登記や、税務署への開業関連書類の届出が必要になります。期限がある届出書もあるため、早めの手続きが大切です。

 テラダ会計では、こうした会社設立手続きのサポートに加え、会計帳簿の記帳・書類の整理方法等のアドバイスや、社会保険関連の手続きもさせていただきます。

                      (テラダ会計の新規開業サポートについてはこちら


Q:セカンドオピニオンとは?

A:長年お付き合いのある税理士さんがいらっしゃると、他の会計事務所の意見や、やり方を知りたいと思っても、なかなか踏み出せないことはありませんか? 

 そこで、現顧問税理士との契約はそのまま継続することを前提に、テラダ会計へセカンドオピニオン(第二の意見)として相談して頂けるサービスを開始いたしました。

 相性が合うかどうか試してみたい方も、お気軽にお問い合わせ下さい。


Q:税務調査が非常に不安です。税務調査のサポートもして頂けますか?

A:ご安心下さい。税務調査についてはベテランスタッフが事前打ち合わせから調査の立会い、交渉にいたるまで最後までサポートさせていただきます。税務調査は日々の記帳を確実にしていれば、何も怖いものではありません。

 毎月の訪問(巡回監査)では、そのような観点からもご指導させていただきます。


Q:相続や贈与の相談や申告は?

A:相続税や贈与税の計算やプランニングは、経験によって大きく差が出ます。

 テラダ会計は長年のノウハウによって、それぞれのご家族に最適な財産分割の仕方をご提案します。また財産の評価を引き下げることで、最大限の節税を可能にします。

 生前贈与や遺言についてのご相談もお受けしております。

      (テラダ会計の相続・贈与サポートについてはこちら

 ▲戻る