各種専門サイトはこちら      ↓↓↓     

 テラダ会計相続相談室

沼崎健一行政書士事務所

木下社会保険労務士事務所        

田井中小企業診断士事務所       

株式会社テラダ会計センター
沼崎健一税理士事務所は
TKC全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

テラダ会計からのお知らせ

 相続税個別相談会開催 のお知らせ

 相続税個別相談会の開催が決定いたしました。

 相続について事前に相談したい、相続税がどれくらいかかるか知りたい、相続税の対策をしたいといったお悩みはありませんか?

 相談は無料です。この機会にぜひご相談ください。

 (プライバシーは厳守します) 

日時

平成31年4月20日(土)

13:30~16:00

場所

和歌山県JAビル 2階 2-A

(和歌山市美園町5丁目1-1)

参加費

無料

ご来場者に“もしもの時に役立つ”エンディングノートを差し上げます

 相談会へのご参加は、当事務所に直接ご連絡ください。(予約制)

 電話番号:073-476-1100

 メール :terada-k@tkcnf.or.jp     

 【地図:和歌山県JAビル】




 相続税勉強会開催 のお知らせ

 相続税勉強会の開催が決定いたしました!

 相続税発生後の一連の流れとともに、相続税・贈与税のしくみと計算方法、そして効果的な相続・贈与税対策をわかりやすく解説いたします。大切な資産を残すための一歩を踏み出しませんか?

 費用は無料です。     

日時

令和元年5月18日(土)

13:30~16:00

場所

㈱テラダ会計センター 2階 研修室

(和歌山市新中島144番地)

参加費無料

 相談会へのご参加は、当事務所に直接ご連絡ください。(予約制)

 電話番号:073-476-1100

 メール :terada-k@tkcnf.or.jp     



     

 事務所通信4月号要約版 掲載のお知らせ

   事務所通信4月号の要約版を掲載いたしました。

   今月号は、資金繰りについてなどを学んでいただける内容となっています。    

 当事務所のアンケートにご回答いただきますと、TKC月刊情報誌「事務所通信」を1年間無料にて発送させて頂き、経営、税務、労務に関する情報を毎月貴社にお届けします。    

                                     →アンケート回答はこちら 


4月から労働時間の状況の把握が義務化!~出勤簿への押印だけではダメ!~

 事業主(経営者)は、例えば、残業時間(残業代)を算定するには、必然的に従業員の労働時間の状況を正しく把握しなければなりませんが、労働基準法上は明文化されていませんでした。しかし、長時間労働の是正などを柱とする働き方改革関連法のなかで、労働安全衛生法が改正され、労働時間の状況を把握する義務が明文化されました。罰則はありませんが、労働基準法と合わせて、経営者の責務がより明確化されました。
 労働時間の状況の把握方法は、具体的には、次の方法によります。
 ①使用者が、自ら現認することにより確認する。
 ②タイムカード、ICカード、パソコン使用時間の記録等を基礎として確認し、適正に記録する。


消費税:レジ等の対応に補助金を活用しよう!~補助率や対象が拡大!~

 消費税の軽減税率の実施に伴い、複数税率に対応したレジの導入や電子的受発注システムの改修が必要となる中小事業者を対象に、その費用の一部を補助する「軽減税率対策補助金」があります。
 本年から制度が拡充され、新たに「区分記載請求書等保存方式」に対応したシステムの改修・機器の導入の費用が補助対象となったほか、補助率の引き上げ(3分の2から4分の3)や、対象業種の追加(旅館・ホテル等の一部)が行われました。
 申請は、事業者自身が行う場合は、9月30日までに導入・改修、支払いを完了し、12月16日までに申請します(事後申請)。あるいは、改修等を指定事業者に依頼する場合は、6月28日までに交付申請を行います。


資金繰りの落し穴 急激な売上の増加や落ち込みには要注意!

一般に、取引は掛け(掛売上、掛仕入)で行われるため、売上の増加に伴って売掛金も増加し、売上の増加に先行して仕入れも増え、買掛金も増加します。通常は、売掛金の回収と仕入れ・販管費の支払いのサイトにズレがあるため、利益と資金は一致しなくなります。帳簿上は利益が計上されていても、資金が残っているとは限りません。
売上が急激に伸びたときは、仕入も急増しますから、資金繰りが厳しくなります。反対に、売上が急に落ち込んだときは、仕入の減少とともに買掛金が減少し、さらに売上が順調な時の売掛金が回収されることから、一時的に資金繰りが良くなることがあります。これを「業績が良い」と錯覚すると、落ち込みへの対応が遅れることがあります。



 

2月のお花 掲載のお知らせ

 2月のお花はユリ、バラ、スターチスです。

 オレンジ色のバラの花言葉は、「情熱」「絆」です。

 バラは色で花言葉が違うため、様々なシーンで楽しむことができます。