相続・贈与についてもっと

知りたい方は … ↓

株式会社テラダ会計センター
沼崎健一税理士事務所は
TKC全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

個人のお客様

今年の『確定申告』は、当事務所にお任せください!

どんな書類を準備したら良いか分からない。
税金の計算を正確にする自信がない。
節税対策等のアドバイスをプロに任せたい。
パソコン(会計ソフト)を活用したい。
財産をもらったが、どうすれば良いか分からない。
不動産を売却したが、税務署にどんな届出をするのか分からない。


個人事業主のお客様、不動産貸付をされている方や土地・建物を売った方など、確定申告が必要なお客様のお手伝いをさせていただきます。規模・業種は問いません。

申告手数料のお見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。



所得税の確定申告とは

毎年1月1日から12月31日までの所得税額を計算し、税務署に申告・納税します。
申告は翌年2月16日から3月15日の間に行います。



確定申告が必要な人とは

自営業者、農業従事者などの場合は、確定申告・納税が必要となります。

サラリーマンは通常所得税が源泉徴収され、年末調整で所得税額の計算・納税が完結します。ただし、一定の場合には確定申告が必要になり、また確定申告を行うことによって税金が還付される場合もあります。



《確定申告が必要な方》

個人事業主で納付税額がある方
不動産を売却して売却益が出た方
サラリーマンで年収が2000万円を超える方や2カ所以上から給与を受け取っている方
サラリーマンで給与所得及び退職所得以外の所得合計が20万円を超える方

                                                                                                          など


《確定申告をすることにより税金が返ってくる可能性のある方》

サラリーマンで医療費控除、寄付金控除等を受ける方
サラリーマンで住宅借入金特別控除を初めて受ける方
サラリーマンでその年の途中に退職し、その後再就職しなかった方
株式の譲渡損失がある方、特定口座で源泉徴収された税額の還付を受ける方

                                    など



確定申告書作成料について

給与所得のみの方25,000円~※規模によって異なります
 (見積り無料)
事業所得・不動産所得がある方50,000円~
消費税確定申告15,000円~

      

     

お問い合わせ~申告・納税までの流れ

STEP 1 お問い合わせ

お電話又はメールでお気軽にお問い合わせ下さい。
税金の計算・申告の手数料の見積りは無料です。
記帳方法、領収書等の整理の仕方などご不明なことがあれば丁寧に説明させていただきます。


STEP 2 書類のお預かり

確定申告に必要な書類をご用意いただきます。


STEP 3 税額のご報告

税金の計算結果をご報告、ご了承をいただきます。


STEP 4 納税

納税が必要な場合は、納付書を作成いたします。
お客様ご自身で納税していただきます。



まずはお気軽にお問い合わせ下さい!!





個人事業主様へ  ~メリットたくさん!青色申告特別控除活用のススメ~

メリットその1
税金が安くなる。


青色申告特別控除は国が推進している制度です。正しく帳簿を作成(複式簿記)し、それに基づいて貸借対照表を確定申告に添付すれば、そのご褒美として「税金を安くしてあげるよ」という制度で、最大65万円の所得控除を受けることができます。実は税金を安くする減税措置というのは、国として企業に良い方向に向いていただくということも目的としているのです。


メリットその2
帳簿が経営に役立つ。


経営に役立てることこそ、本当の意味で一番のメリットなのです。帳簿を正しく記帳していくことで、様々なことが見えてきます。例えば「〇〇に支払っている会費って本当にいるの?」とか、「去年よりも利益が減っているからもっと営業活動しよう」などです。テラダ会計では一つでも多くの企業が帳簿を経営に役立ててほしいと願っています。



メリットその3
法人化する時に役立つ。


上昇志向の強い企業は成長し、いずれ法人化する時がきます。法人ではあたりまえのように正しい帳簿が要求されます。その時には必ず正しく記帳された帳簿が必要になるのです。だからこそ法人化を見据えている企業はすぐにでも記帳を始めるメリットがあるのです。



 上記のようなメリットを生かすにはどうすればよいのでしょう。それは、会計ソフトの導入で解決できます。会計ソフトを導入することは、ハードルが高いようにも思われますが、導入~日々の記帳の仕方まで、テラダ会計が全面的にサポートします。会計ソフトを活用し、正しく記帳することで、日々の経営に役立てながら賢く節税しましょう!


    ▲戻る